お問い合わせ

 

VB

抜群の突き刺し性能、骨付き肉や魚の干物、貝類・甲殻類などの内容物による破れ、穴あきを防ぐ耐ピンホール性フィルム

  • ガスバリア性
  • ノンカール
  • ラベルの接着性
  • 高透明性・光沢性
  • 高強度
  • ヒートシール適正
  • 耐ピンホール性(冷凍)
  • ボイル適性
  • 保香性
  • 製袋加工品あり
VBトップ画像

Overview

骨や殻をもつ食品や冷凍食品など、鋭利な突起がある食品用に開発されたフィルムです。厚みが同じ通常の真空包装フィルムに比べて2倍以上の突き刺し強度があります。ピンホール発生による食品ロスを低減することでコストカットに貢献します。

  • 圧倒的な突き刺し強度

    圧倒的な突き刺し強度

  • 高い保香性

    高い保香性

  • 高いラベル接着性

    高いラベル接着性

Features

  1. 鋭利な内容物も安心の、圧倒的な突き刺し強度

    Bone-in food packaging

    鋭利な内容物も安心の、圧倒的な突き刺し強度

    突き刺し強度に特化した材質構成で、同厚みのフィルムよりも数倍の突き刺し強度を有しています。スペアリブなどの骨付き加工品、魚の干物などに使用されており、耐突き刺しピンホール性能に特化しています。

  2. 食品のできたての香りをそのままに。

    Highly flavor retention

    食品のできたての香りをそのままに。

    ポリブチレンテレフタレート樹脂(PBT樹脂)などの芳香族ポリエステル樹脂は内容物の香りを逃がさない性質があります。この性質を利用し、保香性の機能をフィルムに付与しました。

  3. ラベル接着性良好

    Easy labeling pouch

    ラベル接着性良好

    最外層には、吸水率が非常に小さいポリブチレンテレフタレート樹脂(PBT樹脂)を使用しています。そのためフィルム表面への水分の吸着が少なく、ラベル糊との粘着性の低下を抑えることができます。PBT樹脂は、親水性樹脂のひとつで、ラベル糊の多くも親水性樹脂の一種であるアクリル樹脂のため、同じ性質を持つ樹脂同士は接着しやすいという特性を利用した技術です。

Product Shape

使用する用途に合った形状が確認できます。以下のアイコンより、青い線になっている項目の形状は対応可能です。

  • ボトムシール袋

  • 三方袋

  • 対応不可

    三角袋/ホイップ袋

  • 対応不可

    穴あけ袋

  • エア抜きシール袋

  • ガゼット袋

  • ラベルシール袋

  • サイドシール袋

  • チューブ原反

  • 対応不可

    シート原反

Application

  • 畜肉分野
    畜肉分野
    • スペアリブ
    • 骨つきウインナー
  • 水産分野
    水産分野
    • ほっけのひらき
    • あさり
  • その他
    その他
    • 冷凍野菜

Spec

主な用途
畜産分野 /
水産分野 /
その他
使用温度範囲
-40℃~100℃
層構成
層数
5層
構成
PBT /
接着性樹脂 /
Nylon /
接着性樹脂 /
L-LDPE
規格
厚み
80μm /
110μm
150mm ~ 550mm
仕様詳細

表を左右にスワイプできます

試験項目 試験法 単位 80μm 110μm
引張強さ JIS K 7127 MPa MD 71 56
TD 70 56
N MD 57 62
TD 56 62
伸び JIS K 7127 MD 363 425
TD 350 410
引裂強さ JIS K 7128 N/mm MD 163 170
TD 189 170
N MD 13 18.5
TD 15 18.5
ヒートシール強度 JIS Z 1707 N/15mm 43 51
酸素透過度 JIS K 7126 cc/m2・24h・atm
(23℃ , 75%RH)
26 18
透湿度 JIS Z 0208 g/m2・24h
(40℃ , 90%RH)
16 11
突刺強度 JIS Z 1707 N 11.2 13

※ この値は、代表値であり保証値ではありません。

製品の機能比較
VBと同分野の素材性能を比較したグラフ

Process

  1. ご相談・お問い合わせ

    STEP.01

    ご相談・お問い合わせ

  2. 仕様打合せ・お見積書作成

    STEP.02

    仕様打合せ・お見積書作成

  3. 受注・生産開始

    STEP.03

    受注・生産開始

  4. 出荷・納品

    STEP.04

    出荷・納品

  5. アフターフォロー

    STEP.05

    アフターフォロー

Q&A

ボイルはできますか?
可能です。100℃まで対応しています。
冷凍はできますか?
可能です。−40℃まで対応しています。
印刷は出来ますか?
可能です。
脱酸素剤を使用したいのですが対応できますか?
可能ですが、ハイバリアのバリア7をお勧めいたします。
着色フィルムはありますか?
現在のラインナップにはございませんが、検討は可能です。詳しくはお問い合わせください。